日常

『今朝はなんだか変な夢を見た』

そこそこな頻度で夢を見ている

でも面白くなかったり、興味が持てなかったり。
そういうときはすぐ忘れてしまいます。
今回は印象的で覚えていたこともあり
ブログに残すことにしました。
 

過去の夢はこんな感じです。
『2021年の初夢を良いふうに分析する』 
探偵になりました

『一昨日見た夢について考える』
ズボンと下着を脱がされ目隠しもさせられた
 
 

こんな夢を見た

夢の中の自分にとって懐かしい気分の街
実家の近くに似てたような気もするけど…
でも現実の私は知らない場所だった。
時間は夕方くらい、薄暗かった。
私は大きな荷物を引っ張って歩いてた。
 

ふと何かに気づき、急に立ち止まった。
足元が涼しい。裸足に靴を履いている。
普段も履いているスリッポン。
ちなみに服はよく知らんの着てた。
そこで私は歩道の真ん中に
椅子(バーベキューで使いそうな金属の)
に座って靴下を履き始める。
人通りはそんなにだけど、
道幅3mのド真ん中にいてとても邪魔そう。
 
そこに通りかかった4人組の男性
たぶん20代半ば、みんなスーツ(礼服?)着てる。
彼らは通り過ぎる訳でもなく、そばにいた。
2人が私に向かって舌打ちをする。
私は慌てることなかった。
靴下を履き終えて、ゆっくり椅子を片づける。
 
片付け終えて道の端にいるところに、
4人組のうち一人が近づいていて、おならをした。
なんか音は小さめですかすタイプのやつ。
周りには聞こえなかっただろうけど、
私にはおならしたことがわかっていた。
 

そいつは「あ、出ちゃったなー」
とわざとらしく、しまったという顔をしていた。
他の3人は後ろにニタニタ笑っている。
私は「なんだか感じ悪いなー」と思っていた。
 

 

「靴下を履く夢」の意味

調べたらこんな感じでした。

・コンプレックスを克服したいことの表れ
・人生の転機(好転)
2つの意味があるらしいです。
 

「おならをされる夢」の意味

これも調べた。こんなの。

おならされたことで、
「なんかイヤだな」と不快に思う夢でした。
自分の本音を他人にさらけ出した方が良さそう。
 

夢占いから最近思うこと

「プロのショートショート作家になって、その後は?」
そう思うことがあった。
プロのなることがゴール、みたいな。
だから色々考えてみた。
本当に自分が成し遂げたいことは?
人生の目標はなんだろう、と
 

それで最近思うのは
「3000編のショートショートを世の中に残す」
もちろん商業出版で。

だから声に出したりして
「3000編の作品を残すんだ!」
と意気込んでいたけど。
具体的なプロセスが何も考えられてない。
(ここか夢にもあった弱点だと思う)
 

そこで色々と計算をしてみることに。

皮算用をしてみる

35歳でデビューして60歳まで書く場合

25年間で3000編を作る
3000÷25=120  1年で120編ペース
365÷120=3.04…  およそ3日で1編作る
 

32歳でデビューして60歳まで書く場合

28年間で3000編で作る
3000÷28=107.1… およそ1年で108編ペース
365÷107=3.411… およそ7日で2編ペース
 

 

こんな上手くいくとは限らない

今でも3日で1編書くことはできるけど
その集中力を持続できるわからない。
それに歳を重ねていって体力が落ちるかも、
(逆に経験を積んで書くペースが早まるかも)
どんな要素が影響してくるかもわからん。
 
 

おわりに

ちゃんと3000編のペースを考えて
「けっこうすごいこと言ってるぞ」
と自覚できてよかった。でも成し遂げる。
 
うん、まあ色々と言ってないでまずプロになる。
そのプロセスが難しいのだけど……