『都会に住みたい』

ツイート

妹と在来線を乗り継いで大阪に向かっています。今日はエビ中を観に行きます。久し振りにドルオタしてきます。
石川県の中ではそこそこ賑わっている街を出発して、山しかない田舎を通って、大都市の大阪に行きます。

思えば高校卒業後の進路選択で石川県を選ばなかったのも「都会に出たかったから」という憧れの気持ちがありました。

その中で東京と大阪は「なんとなく怖そう」という漠然としたイメージがあったので、金沢での受験も可能だった「ちょうど良い都市」である名古屋の大学を多く受験していました。

名古屋では手羽先、小倉トースト、シロノワールなど多くの美味しい食べ物を知ることができました。だけど本当に住みたい場所は食べ物ではなくて、会いたい人や物、経験で決めたい。

東京に住みたい。自分の限界まで色々な情報を詰め込む。それでもしも辛くになったら、少しだけ田舎に帰ろう。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    東京に住む、メリットあるかな?
    それより、人生の計画?
    どんな仕事してとか、結婚を重視したいとか、子育てを、どう捉えるか?とか、
    そこらへんの、自分として譲れないことを考えて、どこそこに住む必要性があるとか、
    こういう経験を積みたいとか、漠然と、東京に住んでも、おそらく、すぐ飽きるし、
    なにも、向こうからはこないし、
    生きる目的を、明確にしたほうが、いいんじゃないのかな?

    • 湊太郎 より:

      アマンさん
      東京にしかないお芝居や美術館、作家さんのトークショーに行って考え方知るなど、インプットしたいことがたくさんあります。
      名古屋に住むメリットよりも、東京に住むメリットの方があると思います。
      それに僕は東京に住んで飽きてしまっても構わないです。
      僕は1年毎に住む場所を変えても面白いと考えています。

  2. ししゃも より:

    都会か…
    田舎から出てきた自分も都会には憧れがありましたが名古屋に自分が降り立った時にまだ都会に住むのは早いなと感じましたよ
    それにしても妹さんと仲がいいですね

    • 湊太郎 より:

      ししゃもさん
      石川県から名古屋にきたときには圧倒されたけど、今では慣れてしまいましたね。
      妹とは仲良いですね、月末には一緒にPerfumeのライブに行きます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。