『楽園のカンヴァス/原田マハ』

ツイート

巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵「夢を見た」持ち主は正しく真贋したものにこの絵を譲ると告げ、手掛かりとなる謎の古書を読ませる。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは…

患者さんにオススメしてもらったきっかけで読んだ。
本屋さんにいくと「美しすぎるミステリー!」という帯がつけられてて惹かれた。

美術の知識や関心のなかった自分も、小説ならすんなり入っていけた。
自分が美術館に行こうと思うようになったきっかけとなった作品でもある。
絵を見に行くときも、絵と一緒にその作者の背景を知ろうと思うと楽しそう。
アンリ・ルソーの絵画における情熱を知ることができた。
国立近代美術館にルソーの絵があるらしいので、観に行ってみたい。

印象に残った言葉。ルソーは「アートだけではなく、この世界の奇跡をこそ見つめ続けていたのだ」と。芸術ときくと、何か特別なものを想像してしまうけど、実際にはこの世にあるもの、この世の出来事を描写しているのである。文学も、絵画も同じことなのかもしれない。

去年父親に勧めたんだけど、今回実家の本棚を見てみると置いてあった。
僕のオススメを覚えていて、買って読んでくれたみたいで嬉しい。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    確か、図書館で、借りて読んだ。
    もう、ほとんど、覚えてない。

    • 湊太郎 より:

      アマンさん
      読まれているんですね!
      これを機会にもう一度読んでみては?笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。