『天才の読み方/齋藤孝』

ツイート

ピカソ、宮沢賢治、シャネル、イチロー、それぞれの「上達の達人」から天才になる方法を学ぶ。
「ピカソ、天才の秘密」でピカソの絵を観た後に「結局ピカソはどうして天才なんだろう?」と思って本屋さんに行ったら見つけた。

「創作活動とは、無から有を生み出すというよりもむしろ、いかにずらしていくか、そして、そのずらしにどれだけの一貫性を持たせられるか」
ピカソの場合はドラクロワの「アルジェの女たち」という絵から影響を受けて、自分のメガネを通して見たピカソの「アルジェの女たち」を発表している。
これは文章でもできるだろうか。絵や曲から受けたイメージを「自分のメガネを通して小説にしてみると」などは面白そう。文章から文章もできるのだろうか、ピカソが「絵画から絵画」をできているのは、ピカソが自分の絵のスタイルを持っているからできるのだと思う。

自己イメージの作り方としてピカソは「ミノタウロスは私だ」と発言していた。
ただ「自分は知性のある人間だ」と答えるよりもよっぽど面白い。
闘牛の精力・生命力のイメージを人間化したものなのか。

そういえば、前から持っている自分のイメージを思い出した。
「自分はじょうご(ロート)のような人間である」だ。
動物の方がかっこいいな、金物とかあまりかっこよくない気がしたけど、これが一番イメージに近いと思う。
「どこからでも『これを文章(小説)にしたら』と考えられる」「文章を書くことだけを極めたい」という心構え。
「インプットの広さとアウトプットの狭さ」を表現したものがこれだなー。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。