『当日の午前中に自分のタイムテーブルを考えているくらいのんびりしていたけど、やはりSAKAE-SPRING2016は素敵なイベントでした』

ツイート

観たバンドの動画と少しの感想をつらつらと挙げていきます。

ハヌマーンのvo&Gtだった山田亮一さんのバンド。
自分がハヌマーンを知ったときにはもうすでに解散していたし、バズマザーズを観ることができて良かった。

どこかで聞いたことがあるバンド名だと思っていたら、ライブ中に曲のイントロで思い出した。私立恵比寿中学に楽曲提供をしていた(この動画の三曲目「ちちんぷい」)

バンドメンバーにVJがいるって珍しい。
VJのキノコ頭の眼鏡のお兄さん(Gariさん)が見た目的に作っていると思ったけど、ギターの熱いお兄さん(ウイ・ビトンさん)だった。

会場を間違えてたまたま入ってけど(笑
聴くことができて良かったです。

最前のほぼ真正面で観ることができた。
MCのとき、マイクを持って立ち上がり「YO! YO!」と直前までライブを行っていた。HIPHOPユニットの真似をしていて笑った。
最後の曲が始まるとき「もう一歩前に出よう」と言ってくれたので、2mくらいの距離まで近づいた。これだけの近さで、まっすぐに日食なつこさんの顔を観て歌を聴けるなんですごく幸せな環境だったし、その目力の強さに直接目を観ながら聴いて良いのか躊躇ってしまうほどだった。

ライブ後、物販でアルバムを買うことに。
お金を払っている最中に、後ろからさっきまで歌っていた人の声が聞こえる。僕は全ての神経を後方に集中させていた。おそるおそる振り向くと、日食なつこさん本人だった!!!

話しかけようかどうしようか迷っていたら、コアなファンと思われる人が親しげに話しかけていた(うらやましい…)ので自分も後方でチャンスを伺っていた。
そして一番最後に、直接お話することができた。

白「あ、お疲れさまです!もう何年も前から大好きで、この前の1月の名古屋のライブで初めて観られて、すごく嬉しくて…特に非売品少女が好きで、くすぶっている自分のことを歌ってくれているような気がして、力をもらっています!」
日「ありがとうございます!そう言っていただけると救われます」
白「僕も救われています!サインを頂いてもいいですか?」

日食なつこさん、CDケースを開けてCDにサインを書いてくださる。
白川湊太郎さん、緊張で手足が震えて机に持たれかかる。

日「大丈夫ですか?見てもわかるくらいに、手足が震えてますよ。」
白「あ、はい、嬉しくて…緊張で….」
日「産まれたての小鹿みたい笑 転ばないように帰ってください。」
白「あ、ありがとうございます!」

帰り道、ずっとニヤニヤしていたと思う。顔面の筋肉が良い意味で動いてなかった。
10分ごとにサインを開いていた、そうするとさらにそのニヤニヤが増した。
帰ってからも、この記事を書いている今も、CDケースを開いてはニヤニヤしている。
本当に自分気持ち悪いな、と思うけど、それだれ嬉しかったってことなんだ。

これでまた一週間、いや、サイン入りCDを見返す度に、この日のことを思い出してどれだけでも頑張れそうな気がする。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。