小説レビュー

『ネバーランド/恩田陸』こんな男子高校生はいない?

出典:集英社

cestaで行われた本楽会の新年会で行われた文庫本交換会で頂いた本
(ちなみに自分は『グ、ア、ム/本谷有希子』を持っていった)

あらすじ

舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

裏表紙のあらすじより

「謎」というほどでもない気がするけど、青春は味わえる

登場人物は寮に住んでいる美国、寛治、光浩
そして近くの家から毎晩遊びに来る統。
それぞれ寮にいたい理由があるのだ。
 
トラウマを抱えながら寮で生活する4人の高校生。
今までは一人で抱えて過ごして生きてきたんだろう、
その過去を冷静に話せているんだからさらにすごい。
冬休みに4人だけという限定された空間
そういうのも語るきっかけになったのかも
 
冬休み後の4人は描かれていないけど、
きっと今まで以上に仲良くなっていそう。
途中の描写では料理を作ってビール飲んで、
それぞれの部屋で自主的に勉強している。
寮生活の男子ってこんなにも逞しいのだろうか。

自分が高校生のときは…

「お腹空いた」と「彼女欲しい」
それしか考えていなかったなー。
親にも反抗はしていたかもだけど、
自分の意見をしっかり持っていなかったし
(たぶん言語化できなかったと思う)
親にちゃんとと伝えられたか怪しい。