『甘々と稲妻/雨隠ギド』料理を通して成長する父娘

ツイート

アニメ版では早見沙織さんが飯田小鳥のキャラクターボイスを担当しているとのことだったので、興味があった作品。アニメではなくマンガを読んでみた。

半年前に妻を亡くした高校教師犬塚公平は、男手ひとつで幼稚園に通っている幼い娘つむぎを育てていたが、料理がほとんどできないため、出来合いの食事や外食ばかりの日々を送っていた。

ある日、つむぎと出かけたお花見で、母にドタキャンされ泣きながらお弁当を食べていた女子高生・飯田小鳥と出会う。彼女との出会いを経て、つむぎにまともな食事を食べさせてやりたいという想いに駆られた公平は、小鳥の母が経営する料理屋「恵」を訪ねる。そこで、小鳥と一緒に炊いた土鍋のご飯をきっかけとして、3人で定期的に料理をするようになり、料理の楽しみに目覚めていく。

「つむぎちゃん可愛い」というだけのマンガではない。
もちろんつむぎちゃんは可愛い。笑うつむぎちゃん、怒るつむぎちゃん、泣くつむぎちゃん、もう全て可愛い。

そのつむぎちゃんの感情の変化と毎回何かの料理がセットになっている。
亡くなったお母さんとの思い出のカレーや、友達に「食べたことある」とついた嘘を本当にするために作ったカルボナーラなど…
様々な料理を通してつむぎちゃんが成長していく過程を読者として見守ることができて温かい気持ちになれる。

成長しているのはつみぎちゃんだけではない、毎回料理をするつむぎちゃんのお父さん・犬塚公平は「恵」を訪れてから少しずつ料理ができるようになった。
また、知識は豊富であるが幼い頃に包丁で指を切ったことにより料理ができない小鳥も、公平とつむぎちゃんに励まされながら、子供用包丁を使って少しずつ練習している。
つむぎちゃんだけではなく、3人ともが少しずつ成長してるのだ。

声優の早見沙織さんが好きだから、という理由でマンガを読み始めた。
不思議なものでアニメは観ていないのに、料理ができない美少女・飯田小鳥のセリフは自然と早見沙織さんの声で脳内再生することができて一人でニヤニヤしてしまった。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。