『一人暮らしをしている26歳の男が平気で実家の母親に心配をかけている』

ツイート

実家からお歳暮が届いた。
生協の肉巻きおにぎり。夏と冬に毎年送ってくれるのでとてもありがたい。
お礼の電話をした。

私「届いたよ、ありがとう」
母「はーい。どうや元気か?」
私「あ、あーたぶん風邪だわ。頭痛い」
↑こうやって正直に言っている。
母「いかんがいね。ご飯作るの面倒なん?」
私「うーん…」
母「大根とかにんじんの、根菜のお味噌温まるよ」
私「あー、うーん」

みたいなやりとりをした。
あまり両親に「ご飯ちゃんと食べてるよ」とか嘘をつこうと思わない。
だけどその代わりに「親に心配かけたなー」という罪悪感が芽生えてくる。
その結果、ちゃんとスーパーで大根、にんじん、ごぼうを買って味噌汁を作ったので良しとしている。風邪も治ったので良かった。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    受け売りだ、誰から買ったか、忘れたけど。
    親にとっての、1番の親孝行は、子供が、自分の人生を楽しむことだ!
    私も親だけど、別に、一般的な親孝行なんてして欲しくない
    子供が幸せに生きていてくれれば、何よりである。
    なので、もやしさんが、罪悪感を抱かなければいけないとすれば
    自分の人生を粗末にした時だけだろう。

    • 湊太郎 より:

      アマンさん
      僕が学生の頃に母親が「あんたの人生を通して、私は人生の二倍も三倍も楽しめる」と言ってくれたのが今でも印象に残っています。
      まだまだ人生楽しみますよー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。