『都会の漠然とした怖さ』

ツイート

私の地元は石川県の小松市
ド田舎でもないけど、都会というほどでもない
(少し前にかなり大きなイオンができた)
 
高校3年生の私はどこか都会に上京したいと考えていた。
手の届く範囲には金沢の堅町とかタテマチとか、面白そうな街もあったのに(金沢市内の高校に通っていたのに)それをほとんど知らないまま。
 
そのどこかの都会も決められていた。
東京や大阪は怖いからいけない。
何かあったわけでもないのに、ただ漠然とした怖さがあった。
 
 

 

結局、私立は(金沢で)地方受験ができた愛知県の大学を受験した。ちゃんと調べていなかったこともあるけど、受けた3つの大学はどれもキャンパスは名古屋市外にあった。
 
その中の一つに進学。
最寄り駅から電車一本で名古屋に出られる。
名駅や栄など、初めは人の多さに驚いたが怖いと感じることはもなかった。

 
 

 

10年ほど時は流れ、1年前に東京へ引っ越した。
漠然とした怖さよりも好奇心の方が勝っていたからかもしれない。それか怖さのことを忘れていたのかも。
この1年ほぼ毎日楽しいことばかりで過ごしていたけど、ついに高校3年生の私が抱いていた怖さがわかった。
 
詳しく知りたい方は「歌舞伎町 スカウト狩り」で検索してください。もしかしたらテレビでも放送してるかもしれないけど。
 

 

おそらく「今の歌舞伎町で起こっているような、街中で暴力に遭遇することが当たり前な環境」だと思う。 
 
いつどこで殴られるかわからない恐怖。
見た目のイカつい人たちに囲まれる恐怖。
 
 
そこでよくよく考えてみた。
元から歌舞伎町は縁のない場所(サウナ行くとき通るくらい)だし、新宿もほとんど紀伊国屋書店と無印良品と世界堂しか行かない。
 

原因がはっきりしたお陰でなんだか恐怖感も薄れた気がする。まだまだ東京にいたいと思った。
 

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。