『薬草の香りが広がるミストサウナ/上野 御徒町 サウナ プレジデント』

ツイート

二度目のプレジデント

緊急事態宣言が解除されたということで、久し振りにサウナへ行ってきました。
大まかな内容は前回の記事と変わりないと思います。
 
『薬草サウナが気になる プレジデント/上野 御徒町 サウナ』
タイトルの書き方が統一されてないな……



ついに念願のミストサウナへ

今回たまたまでしたが、前回体験できなかったミストサウナに入ることができました。

浴室に入って目の前の階段を上がるとサウナ室。
ドライサウナが98℃に対してミストサウナは58℃。それでも湿度のお陰でかなり暑い。ドライサウナよりもきつかった。
  
2畳ほどですかね。左側に石のベンチ(3人は座れそう)。右側の一番奥にプラスチックの肘掛けつき椅子が1つあって、簡易的な木の椅子が2つ。
 
当たり前だけどミストがすごい。薬草のとても良い香りが身体に吸収されている気がする。座ればなんとか大丈夫だけど、移動のために立つとより大量のミストを吸い込むためか、息ができなくなりそう。
あと落ちてくる湯気がめちゃくちゃ暑い。やけどするんじゃないかってくらい。
興味本位で「どの辺から湯気がいっぱい落ちてくるかな?」と見上げたときに、ちょうど顔にポタリと落ちた、めっちゃ熱い。これが目に入ったかも知れないと思うと恐ろしかった。大人しくジッとしていよう。
 
2セット目に初めてミストサウナを経験したときは、一番手前の木椅子しか空いていなかったが、その場所は一番湯気が落ちてくる場所だったと思う。
4セット目は二度目は右奥のプラスチック椅子に座ったけど、湯気の落ちる回数がわりと少なく感じた。
肩にタオルを掛けて、大腿の両腕を置いて、身体を守ると被害が少なそう。
 
 

汗を流すための掛け湯

前回「いつもサウナ後に掛け水をする」と書いた。まあそれは事実で、汗を流すためであり、心臓に負担をかけないためでもあるけど。プレジデントはサウナと水風呂の間に掛け湯がある。
水風呂でも十分に汗を流しているつもりだけど、事前に掛け湯でしっかり汗を流しておけば、無理に掛け水を頑張らなくても良いのかも知れない。
 

ついつい4セットした

ドライサウナ8分、水風呂1分、休憩8分
ミストサウナ5分、水風呂2分、休憩7分
ドライサウナ9分、水風呂1分、休憩6分
ミストサウナ5分、水風呂1分、休憩7分
 
ミストサウナは蒸し蒸しで5分が限界
2セット目の水風呂は気持ち良くなり2分
3セットでととのった感覚があったけど、
もう一度ミストサウナに入りたくて4セット目
 
 
ミストサウナ、けっこうしんどいけど入っていたいんだよな。すごく良い香りだから、限界が来なければいつまでも。プレジデント、また来よう。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。