『なんで雑誌って、気がつくと後ろから前に読んでいるんですかね』

ツイート

この前図書館に行ったんですけど、
雑誌もめちゃくちゃ置いてあって、
バックナンバーなら借りられるんです。

「頭が良くなる睡眠/バカになる睡眠」
「東京ひとりめし完全ガイド」
「楽しいデートをしよう」などなど、
太文字で書かれた特集に惹かれます。

数冊借りて読んでいたんですけど、
みなさん雑誌はどの順に読みますかね?


自分の場合だと、普段雑誌を読まないので、
今回みたく単発で借りたときに限りますが、


目次を見る

目についた面白そうなページを読む

読んだら再び目次を見る

この繰り返しです。
(DVDのチャプター再生みたい)



特集に興味を持って借りたとしても、
目次を見て、他に興味のあるページが
見つかるかもしれません。

この前だって
「楽しいデートをしよう」という特集よりも
「コラム王子」が気になってしまいました….



あとこれ、私だけではないと思うんですけど、
雑誌っていつのまにか、
後ろから読んでいませんかね?
ネットで理由を調べようと思ったんですけど、
同じような人ばかり見つかりました。
そこで少し考えてみたんです。


雑誌って右綴じが多いんですよね。
そして多くの人は右利きなので、
右手の方が使いやすいはず。

右手でページを進めるには、
左側を捲らなければならない。
そこで無意識のうちに、
捲りやすい右側を捲っている。

ということだと思いました。

雑誌がそれぞれ独立した情報で、
どの順番に読んでも問題ないからこそ
できるんですよね。
これが小説だったら、
面倒だとしても右手で左側のページを
捲ることになるので。


テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。