『空の絵本/長田弘(作)荒井良二(絵)』

ツイート

絵本好きの方から荒井良二さんをオススメしてもらい、その中でも「空の絵本が好きそう」と言われたため読んでみた。

内容自体は単純で、
雨が強くなり、風が強くなり、雷が鳴る。
そして雨が止み、夜になって、星と月が出てくる。
こんな感じ。

その絵がすごい好き。
単純なストーリーで、絵も空の風景ばかりなんだけど、それでもすごく迫力がある。

たくさんの乱れた白線だけで、荒れた雨模様を表現している。
木々が黒色っぽく見えている

色が重なっている

木々が重なっている

木々が揺れている
…と考えました。

このぺージは文章が好き。
「光は きんいろに」「水のいろはぎんいろに」
水なんて実際は銀色だと恐ろしくて触れないけれど、光の金色と並んでいるためか輝く美しいものに思えてくる。
あ、金色の光を受けて水が銀色に輝いてるのか….

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    確かに、いい絵ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。