『麻雀戦績(34)みそのクラブ 伏見』

ツイート

この記事は一度書いた気がするけど…
なかったので再度書きます。
読んだことあったらすみません。


名古屋雀荘巡りのラスボス的なお店
退職して時間ができた4月中旬頃に行った。
 
たしか近くの名古屋市科学館で
プラネタリウムを見る予定もあり半荘3回。
 
 
ゲーム代 500円
トップチップ 忘れた(たぶん高い)
レート 1.0
(沈みウマがあったような…)
一発・裏・満貫以上の面前赤に祝儀(300)
テンパイ連荘



平日の11時頃にいったら
すでに1卓だけ立っていた。
焼酎をガブ飲みするおじさんがいた
(あの卓に入りたかった…)

新しく卓が立てられて開始
対面が常連のおじさん、
メンバー2入りだった。
 
  
 
半荘3回
トップ 1回
3着  2回
トータル +5000くらい

 

最初の3局くらいは
レートにビビッて手が震えていたけど、
(子の跳満にも放銃したりも)
東場の親で大連荘して大きなトップ
後の2半荘は何もせずの3着2回だった。

親でリーチのみをツモって、
裏裏でインスタント親満だった。
あの一局で4000の2枚オールって、
計算すると怖いな….




○反省するべき点
このお店には『赤3色』という特別役がある。
各5に一枚ずつの赤牌を全て使用して成立
三役となる。
つまり「赤三色、ドラ3」で跳満だ。
(しかもこの役だけは鳴いても祝儀あり)



半荘1回目 
南2局 西家 ドラ:西
点差はあるけど二着目の親は流したい。
場にはドラの西がすでに切られている。
10巡目くらいで下家が8-67pの両面チー
喰いタンだろうと決めつけて、
「親を流してくれるならいくらでも」
と考えて甘い牌をバンバン切ってたら、ロン
手牌と開けると赤が三枚の形。
隠れ赤三の警戒が薄かった。
自分から一枚も見えてない場合は注意。
 
それにしても跳満12000点と3枚だと
一打で2100の放銃か、痛すぎる。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。