『5月7日の文学フリマとその後について』

ツイート

『第二十四回文学フリマ東京開催情報』
5月7日 日曜日
会場:東京流通センター(最寄駅:流通センター駅)
サークル名「北極文庫」
スペース番号:E・50(詩集ブースです)
芥川奈於さんと御一緒させて頂きます。

奈於さんは詩集『独立天気予報』を、僕、白川湊太郎はショートショート集『五〇音編』を販売します。会場には20部程持っていく予定です。

手元に届いた本を確認しましたが、特に落丁・乱丁はなく一安心でした。
自分の作ったものが形になり嬉しい気持ちは勿論ありましたが。それよりも「これを売るんだ…」という責任感の方が強く、確認する手が震えて汗ばんでいました。
値段は、第一版の100部だけは一冊500円で売ることにします。
(第二版以降は1000円になるかも知れません)
こんなこと書くのは、くそダサいとわかっていますが、完全に赤字です。
ですが今回本を出す理由を考えてみたら、利益を出すことではないし(求めてもほとんど出ませんが)今まで僕の事を見返りなしで応援してくれている人達へ恩返しの気持ちもあると感じました。だから少しでも安くしようと。

当日会場に来れない方もいるのでどうにかネットで販売する方法も考えています。
お互いなるべく名前や住所を知られず、手数料や送料の少ない方法があれば…
誰か良い手段を思い付いた方は教えてください。

これに….

これをかぶせます。
折り目が曲がっていたらすみません…

よろしくお願い致します。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    あれ、2000円じゃないのか?
    住所、本名を教えないでは、無理なんじゃないのか?
    ツイッターのDMに、申し込みをもらって、
    それから、DMで、もやしさんの、振込口座を提示して、
    入金確認とれたら、郵便局の、1番小さなレターパックで送るのが、安いんじゃないかな?

    • 湊太郎 より:

      アマンさん
      元は1000円で売るつもりだったんですけどね、どうせ利益なんてほとんど出ないので、誰でも買いやすいように500円にしました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。