ADHD

『ADHDの私が慌てて料理を作ったら、上手くできなくて情けなくて泣いた話』

こんなお洒落なのじゃないけど

レトルトカレーを食べるつもりだった

朝ごはん、炊飯器に玄米が炊いてある。
レトルトカレーを食べるつもりだった。
(実家の母がゴーゴーカレーを送ってくれた) 
 

取り出したところで彼女から一言
「ルー残ってるし、それ使ったら?」
確認するとルーがふたかけ残っている。
本当は少しでも早く食べたかったけど
ルーを使ってカレーを作ることに。
 

いざ調理を始めても手順がわからない


少しでも早く食べたかった私は
コンロに鍋を置いて、火をつける。
 
でもその時点では何も準備してない。
手順書も用意してなかった。
野菜は冷蔵庫の中にあったし、
(そもそも使う具材を決めてない)
ルーの在処さえ把握してなかった。

 
「カレーくらい簡単にできるでしょ」
と思われるかも知れない。
でも実際に私がレシピなしで作れるのは
炒飯、焼うどん、フレンチトースト
(これは大学時代に何度も作ったため)
あとお湯に食材を入れるだけでいい鍋
お湯を注ぐだけのカップ麺も大丈夫。
 
カレーはレシピなしでは厳しかった。

野菜は生、ルーは溶けず、コンロの周りは汚れる

 
とりあえず鍋に火をかけた私
急いで冷蔵庫の中を確認する。
キノコとほうれん草を見つけた。
ペットボトルの水を鍋に注いでから
それら2つの食材を入れる。
 


数分後に改めて冷蔵庫の中を確認すると
ニンジンに気づき、慌ててそれも入れる。
直後にお湯が沸騰したのでルーも入れる。
(刻んでから入れた方が溶けやすいのに…)

慌ててお皿に盛り付けたので、
コンロにカレーがかかり、すごい汚れた。

情けなくて泣き出す

出来上がったカレーを口に入れた。
ニンジンが生で、ルーは溶けきってない。
美味しくはなかった。
私は食べながら考えていた。
 
「なんでこんなの食べてるんだろう?」
「なんで上手くいかないんだろう?」
 
盛り付けに失敗してコンロは汚れている。
考えれば考えるほど情けなくなって、
後片付けをしながら涙が止まらなくなる。
それ気づいた彼女はすごく驚いていた。
(もちろん、彼女は一つも悪くない)

原因と今後の課題

何より準備が大事だと思う。
頭の中で作る手順を整理できていない。
(ワーキングメモリの能力が低いため?)

  1. カレーを作るならそのレシピを用意
  2. 使う食材も事前に出しておく
  3. 必要があれば下ごしらえを済ませる
  4. とりあえず慌てて鍋に火をかけない

これらに気をつけて料理をした方がいい。
もしもすごくお腹が空いてるなら、
レシピを作成する必要のある料理を
わざわざ作っている場合ではない。
 
彼女の提案を鵜呑みにせず(ごめん)
レトルトカレーを食べればよかった。
ゴーゴーカレー、すごく美味しいし。

他のADHDの症状もまとめてます

こちらに私が実際に体験した
ADHDの症状をまとめてます。
読んで頂けるとありがたいです。

『ADHDと思われる症状のリスト』 保育園時代 めちゃくちゃ怪我をしていた記憶はあるジャングルジムの中に落ちてボコボコになってた 小学生時代 小学3年生...