『母親に「ADHDかも」と言ったときの反応』

ツイート

前回の記事で診察に行きました。
『初めてクリニックに行ってきた/ADHD』
そこで「次回通知表を持ってくるように」
と言われたので早速実家に連絡しました。
 

母親とのLINE

白「学生時代の成績を送って欲しいです」
母「何するの?友達と見せ合うの?」
白「ADHDかもと前から思っていて
  今度検査することになったんですけど
  その判断材料として見たいらしいです」
母「たぶん違うと思いますが。探してみます」
 

母「小学校、中学校のものはありました」
 「とても素敵なことが書いてあります。
  読んで自信をつけてください」
母「どうしてADHDを疑うのか疑問です」
 「誰かに言われた?」
 
母「注意力不足は私もそうです」
私:お金の管理ができないこと
  物をすぐなくしてしまうこと
  計画を立てられないこと
  などなど話す
母「話を聞いて、私も(ADHD)あるかなと
  思うようになりました。
  育て方にも問題あるかも知れませんね」
父「ADHDで副部長できるのかな」
 
 

親に責任はない

母親は「育て方に問題が…」と言う。
(この時点ではまだ診断されてない)
母も父も過去の私の良い面を見つけて
「これできてたんだから違うでしょ」と言う。
 
 
自分としては「たぶんADHDだなー」
「育て方ではなく生まれもったもの」
と思っていたし、違ったとしても
ここまで育ててくれたことに対する
感謝の気持ちは変わらないので
それは何度も何度も伝えていた。
響いているかわからなかったけど。
 
母親の反応は予想していたけど、
「自分に問題がある」と思うのが心配だった。
(正直に伝えた自分もあれだが)
 

副部長はできていた

ちなみに高校時代は合唱部だった。
ADHDでも副部長はできていた。
 
まあ自分にできたことは
・真面目に部活に出席すること
・仲の良くない女子同士の仲介
くらいだったと思う。
 
楽譜を読んで音取りはしてたけど、
技術的な指導は練習責任者に任せてた。
男子はみな曲者ばかりだったけど、
練習は真面目に行っていたのでよかった。
父が思っているほど大変なことはない。
 

おわりに

母親のことが心配になった。
これで診断がついたときには、
どうやって伝えようかと
この時からすでに悩んでいた。


 

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。