『もう2週間過ぎてるけどクリリンに行ってきたことについて書く』

ツイート

クリエイターズリンクはそのように略すらしいです。
「ブログに書きますね詐欺になってしまわないようにいい加減書きます。
お会いした順番に一言ずつ。

まず、かうちれいさん
お会いするのは二回目です。
「頭の中のモヤモヤをそのまま描きました」と話されており、面白いと思って買いましたがなかなか理解できず(かうちさん、すみません)。
頭の中のモヤモヤをここまではっきりと表現できてすごいです…

かうちさんと一緒に出展されていた「病みかわいいお姉さん」のりうさん
名前を名乗らずにこの缶バッチだけ購入して去ってしまったので影で「鬱のお兄さん」と呼ばれていました(太宰治の小説を写しているので「鬱小説のお兄さん」にはなるかも知れませんが)

さん
箱の中のお店の『サイケデリックサイバー展』のときにサケの絵を見てから気になっていた方。会場でその原画を見られてすごく感動した。ダイオウイカのステッカーを購入。

金春ちうさん。
箱の中のお店の『夜展』でお名前を知った方。
この月を食べるイラストはイベントのときから気になっていたので購入できて良かった。

渡邊野乃香さん
この絵が好きだった。部屋自体が巣のような気もするけれど、部屋の中に巣を作っ閉じこもっている感じがいい。周りの卵はガムテープらしきもので止めてあるけれど、これは羽化を防いでいる、周りの成長の足を引っ張っている感じなのかな?

松井あやかさん
メルヘン絵描きさん。すごくすごく好きな絵だったので、憧れの作家さんを尋ねたところ「トーベ・ヤンソン」と「エドワード・ゴーリー」とのこと。何となく納得した。
僕が小説を書いてるとお話したら「じゃあ表紙絵とか挿絵が描かせてもらえたらいいですね」と言ってもらえて嬉しかった。

この方は名刺もすごく素敵だった。
渡された人はみんな「え、すごい…」という言葉しか出てなかった。

すていんさん
特にこの絵が好きだった。文章も好き。
「あなたを覆うものもあなたからできている」っていうのは、考えていることが外見に現れる、みたいな意味もあるのだろうか…

葉瀬アスカさん
僕のペンネームが「白川湊太郎」なので、気になっていた湊の栞を購入させて頂く。

小説家の方々ともお知り合いになれた。
芦生さんは百合メインの小説家さん。
読んだことないジャンルなので楽しみ。

佐倉愛斗さん。
何度も自費出版されているし、作家同士の交流イベントなども企画されているようでとても行動力のある方。すごく尊敬する。

新たに多くの方とお知り合いになれて嬉しかった。
名古屋の周りだけでも、こんなに才能が溢れ返ってるのすごいな…
この方達といつか一緒にお仕事したい。

テキスト
スポンサーリンク
ツイート
カテゴリー

コメント

  1. アマン より:

    ぱっと見、渡邊野乃香さんの絵に目が止まった、既視感があるなぁ。
    他のアーティストさんと
    積極的に交流して
    なにか、形になると良いですね。

    • 湊太郎 より:

      アマンさん
      渡邊野乃香さんに伺ってみたのですが、あのイラストは何度か添削してもらい描き直したものらしいです。もしかしたら前身となる作品をネット上のどこかででみられたのかも…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.